蒔絵

蒔絵は今から千五百年の奈良時代に発祥しました。世界各地に人類の憧れである「黄金」を使った文化があります。日本の蒔絵では黄金を漆で接着します。 その優雅な艶やかさ貴族社会や武家社会の好みとして一致し、蒔絵は発展してきました。今や日本の伝統工芸を代表する逸品となりました。