スタイリッシュな未来の位牌 クリスタル碑

硬度・透明度の高い光学クリスタル、昔から墓石として進化してきた御影石、そして日本の1500年を超える加賀の伝統工芸、蒔絵と輪島塗。 この3者が織りなすフィルハーモニーは見るものを圧倒する力があります。 先祖の位牌や墓石などを室内に持ち込むという発想は、今の現代社会のマンションで暮らす我々には、違和感を抱かざるえないお墓への信奉と ご位牌という手を合わせる偶像とを合わせ持たせた礼拝すべき対象物、だと感じています。 宗教観にとらわれない、新しい次代の、新しい供養の形を、提案させていただきます。


お墓を思い起こすようなデザインと素材の組み合わせ 見る人からは位牌でもあり、室内のミニお墓という考えもできます。 戒名のないケースでも対応ができ、現代的に英語表記の方が栄えるケースもあります。 またペットの場合は、名前を横書きに示したりお写真から3Dを起こすのも可能です。 お骨を入れるパターンと入れない2パターンをご用意しております。

クリスタルと御影石と蒔絵

今までに無かったこの3つの素材の出会い。御影石の墓石と考え字彫りも墓石の職人さんが担当 頂いています。またクリスタルと石の合体は、実はこれまでなかったのです。それくらい相性の実は良くない関係でした。しかしながら特殊な粘着性の強いシリコン性の接着剤により、この計画が 成功に導けました。貼り合わせることによって全く今までになかった風合いを感じていただけると思います。

蒔絵は1500年以上続く加賀の伝統工芸品です。 ご遺骨を少量だけ納骨することができ、毎日手を合わせ、供養を行えます。

蒔絵とは

蒔絵は今から千五百年前の奈良時代に発祥しました。世界各地に人類の憧れである「黄金」を使った文化があります。日本の蒔絵では黄金を漆で接着します。 その優美な艶やかさ貴族社会や武家社会の好みとして一致し、蒔絵は発展してきました。今や日本の伝統工芸を代表する逸品となりました。

高さ 15mm 直径 12mm

ご遺骨は、少量ではありますが、蒔絵の内部に納棺されます。これはお墓に相当するもので、毎日、ご供養の手を合わされることが可能となります。クリスタル碑と呼ばせて頂いておりますが、実際は室内におけるご供養のお墓だと感じて頂ければと思います。

スタンダード


サイズ 145mm 前面に字彫り面有り(金文字と白文字の選択有り。)
戒名も、名前や年号まで、範囲内は全て無料とさせていただきます。右側の蒔絵は別料金。

コンテンポラリー


サイズ 145 mm 前面に英文または日本文で横文字を字彫り可能。
文字数制限なし。無料は片面のみ。

価格

スタンダード タイプ1

スタンダード タイプ2

52,000円(税別) 82,000円(税別)

スタンダードタイプ2は 蒔絵の遺骨入れ、クリスタルに蒔絵の入る穴を開けた。蒔絵は金泊、黒、朱の3タイプから選べます。金泊は24金です。

コンテンポラリー タイプ1

コンテンポラリー タイプ2

49,000円(税別) 79,000円(税別)

コンテンポラリータイプ1は 中間部に御影石の入っているパターン 上部にクリスタルが広くあるので、3D照射によってご本人を呼び起こせるイメージが出せます。

コンテンポラリータイプ2は 蒔絵の遺骨入れ、クリスタルに蒔絵の入る穴を開けた。蒔絵は金泊、黒、朱の3タイプから選べます。金泊は24金です。

ガラス加工

ガラスの中への加工はご希望に添える形でいくらでも可能だと考えます。1カ所に関しては無料で入れさせていただきます。ペット犬の写真の様に、写真から3Dに起こす際に5,000円の追加料金を頂戴いたします。